栃木県の鶏卵場がIoTによる温度管理や効率化を実践!今までの見回り作業が軽減。鶏卵日誌でより便利に!

システム構成:鶏卵向け 鶏舎環境監視、鶏卵日誌

鶏舎内に設置した「あぐりセンスクラウドLight-S」で温度・湿度・CO2 濃度などハウス内の環境を測定・管理し、 適正な鶏舎内環境を保持しています。

さらに、農福連携で鶏舎内で作業する人の安全も考え、簡易熱中症指数、不快指数などを簡易算出し 労働安全環境の「見える化」もサービスしています。

jwpの鶏卵IoT/ICT(スマート鶏卵)

鶏舎環境の課題

養鶏事業では、温度管理により鶏の育成状況や品質が大きく左右されるため、 養鶏場内の温度を24時間体制で一定の温度以下にする必要があり、 臨界温度の27.5℃以上で体温の上昇が始まり、致死温度は47℃程度と言われています。

また、アンモニアの影響も重要で、10ppm以上で灰の表面に障害が始まり、 20ppm以上で呼吸器病に対する感受性増加がみられ、 50ppm、70ppm以上になると産卵不良になると言われています。

鶏舎環境を適正に管理、異常があればアラート通知で迅速に対応

「あぐりセンスクラウドLight-S」を導入すれば、温度、CO2濃度、アンモニア濃度などのしきい値によるアラートメール通知を利用でき、 鶏舎環境の異常をいち早く察知し、被害を最小限に抑えることが期待できます。

養鶏場における作業内容の可視化・共有を可能に

養鶏農家には従事者の高齢化や人手不足の問題もあり、 作業内容を記録・把握することで作業効率の改善・生産性を向上していくことが重要です。 また、個々の作業者のノウハウをデータとして記録することで新規従事者への 速やかな技術伝承を手助けすることにもつながります。

jwpでは、農業圃場向けのクラウド営農日誌「あぐり日誌」をサービスしておりますが、 今回養鶏事業での利用にあたり、従来の営農日誌機能を鶏卵向けに機能拡充し、 飼育員とその日の作業内容、時間、死んだ鳥の羽数などをスマートフォンやタブレットで記録・管理できるIT鶏卵日誌を開発、 「あぐりセンスクラウドLight-S」の環境データと連携運用を可能にしました。

鶏舎内環境の遠隔モニタリングによる適正な鶏舎内環境の保持と、人的稼動の削減、生産性の向上を実現しています。

導入背景

採卵生産において、ベテランの篤技術を作業者へと技術伝承する際に、 暗黙知である経験と勘による技術を習得するには相当な時間がかかります。 鶏舎環境管理、作業内容、生産管理、商品管理などの必要項目をデータとして記録・伝承することができれば、 作業者の理解を助け、技術伝承にかかる時間の大幅な削減が見込まれます。

これまで作業記録は紙と鉛筆で記録されていたため、記録・蓄積したデータ資産を有意義に利活用できる形となっておらず、 今回クラウドなどのIT/IoTを活用し、技術伝承を見据えたデータ収集や鶏卵業務管理ができるシステムを構築し、運用を開始しました。

導入効果

鶏舎環境毎の産卵率を可視化し、鶏舎環境の問題点を分析・改善を実施していくことができれば、 採卵鶏にとってより良い環境をつくることができ、さらなる産卵率の向上が期待できます。

諸元:鶏舎環境計測

型番 AGRISENSECLOUD-3G-LIGHT-S-UECS
外形寸法 W250× W175 × D100mm *突起部を除く
電源 AC/DCアダプタ
通信方式 3G
動作温度 0~40 C
動作湿度 25~85% *結露しないこと
カメラ 約120万画素
標準センサ 温度(40~125℃/ 分解能 :0.01℃/ 精度 0.2℃)
湿度(0~ 100%RH/ 分解能 :0.04% 精度 1.8%RH)
気圧(540~1100hPa/ 分解能 : 精度 10hPa)
CO2 (0~2000ppm/ 精度 30ppm 3%rdg)
標準付帯計測項目 積算気温、最高気温 最低気温 露点 飽差、簡易WBGT、簡易不快指数
オプションセンサー 土壌温度・水分・ ECセンサ、 日射センサ、簡易気象計、アンモニア(10ppm以上)
オプション付帯計測項目 積算日射量(MJ/m2)

 

諸元:養鶏管理日誌機能

作業日誌 導入年月日、導入時日齢、飼育羽数、隔離羽数、処分羽数、死亡羽数、死亡理由、産卵数、割れ玉数、作業報告、個人別作業内容、来客記録、機械設備故障、鶏糞記録、製品生産データなど
レポート出力 家畜伝染病予防法第52 条に基づく報告、養鶏データ、作業内容、餌まき量、作業項目、来客記録、機械設備故障、鶏糞記録など
その他 餌配合データ管理、環境データと産卵率グラフなど

 

今後に向けて

衛生管理の徹底と強化

  • 規制・認証等の調査および取得
  • 畜産所有者及び管理者の飼養管理上の責務
  • 農場HACCP認証方式導入検討など

畜産物の安全性を向上させるためには、個々の畜産農場における衛生管理を向上させ、 農場から消費者までの一貫した衛生管理を行うことが重要です。 農場HACCPは、畜産農場における衛生管理を向上させるため、 農場にHACCP(※)の考え方を採り入れ、危害要因(微生物、化学物質、異物など)を防止するための 管理ポイントを設定し、継続的に監視・記録を行うことにより、農場段階で危害要因 をコントロールする手法です。

「IoT養鶏管理システム」により、 製品出荷時の検査のみならず、 原料や生産および作業や鶏舎環境を記録することで、農場HACCP認証への歩みの手助けします。

(※)HACCP(ハサップ): HACCPとは「Hazard Analysis Critical Control Point」の頭文字をとって並べられたもので、改正食品衛生法を基準とした食品の加工・製造における食品の安全性を高めるための衛生管理の方法である。食品に関係する事業をされている方々(食品等事業者)が、異物混入や食中毒菌汚染などの問題(危害要因)を衛生管理計画を元に調査・把握して、各々で全ての工程(原材料入荷から製造、製品出荷まで)を衛生管理し、製品・食品の安全性を向上させるためのものになる。

jwpの今後の取り組み

AI/機械学習技術による業務管理、死亡鶏検出、人的工数等の削減・予測など、 更なるスマート鶏卵サービスの拡充・普及を目指し推進してまいります。

導入サービス


ユーザー様事例紹介

栃木県鶏卵(平飼)事業所 様

 


製品サポート

  • お問い合わせはフリーダイヤル 0120-006-305
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 取扱い説明書・パンフレット・ソフトウェアのダウンロード

あぐりセンス/クラウド関連

  • あぐりセンスクラウド特設サイト
  • あぐりセンス特設サイト
  • 農業IT導入事例_八幡平企業組合さ

シーカメラ関連

  • シーカメラ購入、レンタル
  • シーカメラ特設サイト
  • 農業IT導入事例_減農薬りんご生産農家さま
  • 農業IT導入事例_つがる弘前農業協同組合さま
  • 農業IT導入事例_りんご研究所様
  • 農業IT導入事例_民間稲作研究所さま
  • 農業IT導入事例_建設Tさま

リンク

  • 日本農業情報システム協会
  • FOOD ACTION NIPPON
  • 無料ホームページ
  • あおもり良いものファーム
  • 減農薬りんご
  • 青森の正直、決め手
ページの先頭へ