2014 青森県建設業の「元気プロジェクト展」Vol.3 出展情報、報告

2014年10月24日(金)に青森県建設業の「元気プロジェクト展」Vol.3に出展、プレゼン致します。

[展示会内容]

平成26年青森県建設業の「元気プロジェクト展」Vol.3青森県観光物産館アスパム(青森県青森市安方1−1−40 TEL:017-735-5311)でおこないます。(どなたでも来場可)

青森県建設業の「元気プロジェクト展」Vol.3 2014

日時:平成26年10月24日(金)から26日(日)
会場:青森県観光物産館アスパム(青森市安方1−1−40)
出展:建設新技術展示説明会「展示会の部」
10月24日(金)9:00-16:00
説明:建設新技術展示説明会「説明会の部」
10月24日(金)10:30-15:30
場所:2F 青い森ホールロビー周辺
青森県建設業の「元気プロジェクト展」Vol.3の詳細の内容、時間などは青森県建設業の「元気プロジェクト展」Vol.3

建設新技術等展示説明会 弊社の内容

  • シーカメラの建設新技術プレゼンレーション説明
  • シーカメラ(遠隔静止画・動画IPカメラ)本体の展示
  • シーシリーズを設置している、りんご園のデータを遠隔取得し、モニターおよびパネル展示

 

建設新技術説明会 弊社プレゼンテーション時間

  • 平成26年10月24日(金)11:00ごろ~
  • 場所:青森県観光物産館アスパム2F 青い森ホール内
  • プレゼンしたPDF資料です。

 

建設新技術展示説明会「展示会の部」

  • ブース番号 : 
  • 平成26年10月24日(金)9:00-16:00
  • 場所:青森県観光物産館アスパム2F 青い森ホールロビー周辺

 

見どころ1

シーカメラ(遠隔カメラ)

  • 「ハンディー型シーカメラ」を2F 青い森ホールロビー付近にて展示、プレゼンいたします。
  • 現場や圃場のカメラ画像取得はもちろん、気象センサを取付け温度、湿度などの気象情報や、遠隔地の機器電源のオン/オフなどがおこなえます。

 

ハンディー型シーカメラ

 

「シーカメラ」 製品情報へ
「ハンディー型シーカメラ」 リリース情報へ

 

シーカメラ : 特長

「シーカメラ」および「ハンディ式シーカメラ」の特長は以下です。

・離れた圃場や現場の状況をリアルタイムで確認できます。
・パン/チルト機能で左右180°、上下123°の広範囲を監視、遠隔可能です。
・光学2倍、デジタル8倍、計16倍のズーム。
・130万画素、SVGA(800×600)、30fpsを実現
・高速移動通信(LTE,FOMA)を利用して高速通信をおこないます。
・MVNO対応で月々の回線費用を抑えられます。
・画像・動画、センサデータは、インターネットに接続可能なパソコンや携帯などで確認できます。
・画像は定期的にサーバーへ自動アップロードするので、定点観測やレポート画像に利用できます。
・通信しない、できない場合でもSDカードなどに画像を記録できます。
・入力センス、出力リレーを計6点装備していますので、照明などの遠隔制御などが可能です。
・気象・環境センサ用の通信インタフェースを装備。各種センサを接続できます。
・遠隔地の音声も取得可能です。(端末がパソコンの場合)
・ソーラー独立電源と組合せれば、電源・ケーブルレスで「独立した稼動・運用」できます。

 

電源

「シーカメラ」の電源は、専用の単独太陽光発電電源 発電システムをご用意(別売り)しています。 商用電源の引き込みや通信回線の配線作業無しで、運用が可能です。

 

サービス提供価格

  標準本体価格:オープン価格

 

シーカメラの利用想定場所

 ・圃場での育成・栽培、観測、監視
 ・工事現場の進捗監視、設備動作監視
 ・住環境、駐車場、空き地などの監視
 ・住宅建築の施工、進捗監視
 ・催事などの情報発信など

 


現場監視・安全管理(気象、進捗)、機器正常動作監視、住宅建設監視

 


空き地、駐車場監視

 


圃場、気象、生育監視

 

シーカメラは、「レッツBuyあおもり新商品事業」認定商品です

9月4日、青森県庁において、「レッツBuyあおもり新商品開拓実施計画」認定書交付式が開催され、当社が開発した「シーカメラ」など2事業者の商品が 今年度第一回の新商品事業に認定されました。

認定書交付式では、当社の木村取締役が出席し、商工労働部 馬場 部長様から認定書をいただきました。

<「レッツBuyあおもり新商品事業」認定書交付式

「レッツBuyあおもり新商品事業」とは

県内企業等の新商品開発や販路拡大を支援し、産業の活性化などにつなげるため、平成17年から青森県が実施している事業です。 県の認定を受けた場合、認定商品として商品PR等に努めていくとともに、その新商品を県が随意契約によって購入する事も可能となる制度です。

メディア掲載

H26年9月5日(金)付、陸奥新報朝刊に掲載されました。

20140905陸奥新報朝刊切抜
「この記事、画像は、当該ページに限って陸奥新報社が記事利用を許諾したものです。」

 

H26年9月5日(金)付、東奥日報朝刊に掲載されました。

20140905東奥日報朝刊切抜
「この記事、画像は、当該ページに限って東奥日報社が記事利用を許諾したものです。」

製品サポート

  • お問い合わせはフリーダイヤル 0120-006-305
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • 取扱い説明書・パンフレット・ソフトウェアのダウンロード

関連情報

  • 農業IT導入事例_八幡平企業組合さ
  • 農業IT導入事例_減農薬りんご生産農家さま
  • 農業IT導入事例_民間稲作研究所さま
  • 農業IT導入事例_つがる弘前農業協同組合さま
  • 農業IT導入事例_りんご研究所様
  • シーカメラ購入、レンタル
  • シーカメラ特設サイト
  • あぐりクラウド特設サイト
  • あぐりセンス特設サイト

リンク

  • 日本農業情報システム協会
  • FOOD ACTION NIPPON
  • 無料ホームページ
  • あおもり良いものファーム
  • 減農薬りんご
  • 青森の正直、決め手
ページの先頭へ